塾講師の指導範囲と役割


「塾の講師」と聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちですか? それは大事なお子さんを生徒として預ける保護者に加えて実際に講義を受ける生徒、 さらには今から講師としてアルバイトを始めようとしている大学生の方、または本格的に学習塾で働いていこうという方などなどその立場によって「塾の講師」のイメージも異なると思います。


ここでは、塾の講師はどんな指導をおこなっており、実際にはどういった役割を求められているのか、アルバイトなどで異なる役割の違い、さらには、指導科目について具体的にご紹介していきます。 概略としては、塾の講師はいったいどんな科目をどのように教えているのか?講師には、どういったタイプの講師がいるのか? また、「学校」の果たすべき役割と「塾」の果たすべき役割の根本的な違いについての捉え方は、塾の利用者や講師を志す方などなど 「塾の講師」のイメージと同じく個々人が置かれている立場によって異なりますが、その「学校」と「塾」の差異についても触れています。


さらに先述の通り、塾の講師の役割は年齢などで異なります。 そこで、一概に「学生のアルバイトだからダメ」とは言えないどころか、生徒の性格やタイプによっては、社会人の職業講師よりも大学生のアルバイト講師の方がプラスに転じる場合もあるというが、 それは何故か?などについてもご紹介します。 ちなみに大学生のアルバイトで塾講師を選ぶ学生は、「社会人になる上で社交性を身に付けたい」、 「人と話すのが苦手なのでコミュニケーション能力をつけたい」、「教育実習では身に付けられない子供との勉強などに関する会話のキャッチボールを自然に出来るようになりたい」などの、 目的を持って取り組む事も少なくない点もポイントとして挙げられます。




▽注目サイト
塾講師をこれから始めたい方には求人数が多いサイトで参考になります >>> 塾講師 アルバイト